女性の健康コラム

エキナセアの育て方と効果効能。花粉症・風邪に良い?

エキナセアは、北アメリカが原産のキク科の多年草で、育て方は種まきや株分けで増やすのが一般的です。発芽率が悪いケースもあるので、園芸初心者の方は、春先に苗を買って育てるのがお勧めです。


種まきからの場合では、苗が育つまでが少し難しいので、苗の状態で春先に園芸店などで売っているので、その時期に植え付ける事で、夏頃には綺麗な花を咲かせます。


多年草という事もあり、一度植えると手入れもそれほど必要もなく毎年綺麗な花を咲かせます。花の色の種類も豊富で、赤、オレンジ、黄、白、緑、ピンクなど多くの種類があり、観賞用としても非常に美しいのが特徴です。


冬の対策としても耐寒性が強いので、冬の寒さで枯れることが少ないですが、鉢植えの場合は霜や雪などがあたらない場所に移動させる育て方が良いです。


大きく成長して根詰まりしてしまうと、成長が悪くなるので大きな鉢に植え替えるのがお勧めです。ハーブとして昔から利用されており、風邪やインフルエンザ、花粉症などに良いとされウイルスに対する免疫力を高める効果があると言われています。エキナセアの使用部位としては、葉、茎、花、根を利用する事が出来ます。


花は枯れる前にどんどん収穫することで株に負担が掛からないので、次の花が咲きやすくなります。免疫活性効果があるので、近年はエキナセアのサプリメントなども広まりつつあります。毎年花粉症になる方で、病院の薬が効きにくいと感じている方は、エキナセアを試してみるのもお勧めです。


サプリメントやお茶などは手軽に利用できて、副作用がないので子供からお年寄りまで安心して利用が出来ます。悪性腫瘍などにも効果があると言われているので、がん予防などにも効果が期待出来ます。


エキナセアは、育て方も比較的簡単で免疫力を高めるなど健康効果が高いので、常に庭や鉢植えプランターなどで栽培をして、ハーブティーなどとして活用する事で、風邪や花粉症の予防が出来るのが魅力です。


関連ページ

オレガノの育て方・使い方ガイド | 栄養素や効能についても
アロエの種類と育て方。効能効果についても解説します。



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設