女性の健康コラム

アロエの種類と育て方。効能効果についても解説します。

アロエはほとんどの種類がアフリカ大陸が原産地です。暖かいところで育ち種類はたくさんあります。アロエは20メートル以上大きなものもあり形はさまざまです。アロエには独特な苦みととげがあるものが多いです。


アロエの育て方は鉢植えか直接屋外で土に植えて育てます。雪や霜がつもる寒冷地では外で育てる事ができません。


鉢植えの場合は日光を十分にあて寒い時期は室内で育てます。アロエの育て方は簡単で放置していても育ちます。初心者でも栽培しやすい植物です。育て方で注意する事は冬の寒さ対策です。夏場の成長する時期以外は水やりを少なめにして水のやり過ぎに注意します。種類が豊富なアロエですが昔から医者いらずといわれるほど様々な効能があります。


アロエが医者いらずといわれる由縁は古くから民間薬として使われていたからです。成分や効能について研究がすすんでいますがまだ解明されていない部分もあります。独特の有効成分がたくさん含まれており健康や美容に効能があります。外皮に含まれる成分は苦味成分で胃腸の働きを活発にするため便秘などに効果があります。


葉に含まれる成分は胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果がある成分です。


アロエは生で食べたりジュース、粉末、錠剤など様々な方法でとる事ができます。食べるときには外皮には独特の苦みがありますから外皮を取り除き葉の肉の部分だけをたべるようにします。ジュースや錠剤などに加工してある方が飲みやすいです。他のジュースと割ってのむと飲みやすくなります。


食べたり飲んだりするだけでなく保湿力があるのでクリームや化粧水、軟膏などにも使われています。生のまま使うときには葉の肉の部分を肌につけるようにします。


長い間医者いらずといわれ健康効果がある植物ですが取りすぎに注意する必要があります。取りすぎると健康を害する事があります。適量を守りとる事が大切です。体を冷やす効果があるため冷え性の人は控えた方がよいです。


関連ページ

オレガノの育て方・使い方ガイド | 栄養素や効能についても
エキナセアの育て方と効果効能。花粉症・風邪に良い?



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設