女性の健康コラム

明日葉の効能効果ガイド!含まれる栄養素・摂取方法は?

明日葉には健康に効果がある栄養素が豊富に含まれています。特にビタミン類が多く、ベータカロチンがとびぬけて多く含まれています。ホウレンソウやケールに多く含まれているベータカロチンですが、それよりもっと多くの量が明日葉には含まれています。


ベータカロチンの効能は、皮膚や粘膜を丈夫にする、抗がん作用がある、動脈硬化の予防や呼吸器を丈夫にする作用などたくさんあります。


またビタミンKや葉酸も比較的多く含有されています。ビタミンKはカルシウムを骨に定着させる働きがあります。葉酸は正常な細胞の増殖を助ける働きがあり、不足すると貧血になる可能性があります。葉酸は胎児の細胞を活発化させるのに欠かせない成分なので、妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性は積極的に摂取したい栄養素です。


また明日葉は食物繊維も豊富です。ホウレンソウやケールよりはるかに多い食物繊維を含んでいるので、便秘の改善や美肌効果など多くの効能が期待できます。


明日葉の摂取方法は数多くあります。サプリメントやお茶、クッキーや青汁など健康食品としていろいろな物がたくさん発売されています。また、おひたしやサラダとしても食べることができます。葉は少し苦みがありますが茎がほんのり甘く食べやすい味です。


さっとゆでるだけで火が通りやすいのでいろいろな料理に使うことができます。明日葉は熱に弱いので、ゆでる時は長時間加熱しないことが大事です。長時間加熱すると栄養素が逃げてしまう上に苦みも出てくるのでさっとゆでるだけにします。


明日葉の栄養素をもっと積極的に摂取するなら、ミキサーかジューサーにかけてジュースにすると直接明日葉の効能を摂取することができます。そのままでは少し苦みがあるので、バナナやリンゴ、みかんなどと一緒にジュースにして飲むと栄養素を効果的に摂取することができます。


明日葉の栄養素は新鮮なうちが一番豊富です。3月から4月にかけてが一番おいしいとされているので、新鮮なものをその日のうちに使い切ることで効率よく栄養を摂取することができます。


関連ページ

アロエの種類と育て方。効能効果についても解説します。
レバー・チーズに含まれる「トリプトファン」の安眠・若返りの効果について
日本人はカルシウム不足?マグネシウム・ビタミンDとの関係についても



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設