女性の健康コラム

レバー・チーズに含まれる「トリプトファン」の安眠・若返りの効果について

トリプトファンは必須アミノ酸の一種であり、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆や味噌などの大豆から作られた製品、レバーやカツオ、ピーナッツなどの食材から摂取できます。トリプトファンは体内で生成できない成分なので、外部から摂り込むことが大切になるのですが、トリプトファンにはどのような効果があるのでしょうか。


不眠やイライラ、気分が落ち込むといった感情のバランスが崩れてしまう原因の一つにセロトニン不足があります。人間の身体は緊張感を高めて興奮状態にさせるノルアドレナリン、意欲をかき立てて運動能力や学習機能を高めるドーパミン、そして気分をリラックスさせて感情をコントロールしてくれるセロトニンなどの神経伝達物質が存在します。


セロトニンが不足してしまうと、他の神経伝達物質の働きが優位になってしまい、気分が高揚して落ち着かなくなるので不眠になったり、怒りがこみ上げても抑えることができない、意欲が低下してうつ病を誘発してしまうといった問題が出てきます。トリプトファンの含まれた必須アミノ酸を多く食べるようにして、身体を動かしたり朝日を浴びたりすることでセロトニンの分泌が増えて不眠やイライラなどが解消されると言われています。


また、生理前になると怒りっぽくなったり体がだるくなったりするPMSは、気分の問題ではなくセロトニンが減ってしまうことで起こるとされています。PMSがホルモンや神経伝達物質の分泌の減少で発生するのなら、セロトニンの生成に役立つ必須アミノ酸やビタミンB6を摂取することは、PMSの症状の軽減の対策になります。


栄養成分以外でも、積極的にスキンシップをする、よく噛んで物を食べるようにする、夜更かしをしないようにするといった具合に、行動面の変化も同時におこなってみると、セロトニンの生成が高まってきます。セロトニンは若返りホルモンとも呼ばれていて、自律神経に働きかけて皮膚を良い状態に保つ働きもあるので、エイジングケアにも利用できます。


関連ページ

サフランライスでおなじみ「サフラン」の効果は?
日本人はカルシウム不足?マグネシウム・ビタミンDとの関係についても
亜麻仁油の効能・摂取量について|食べ方・レシピもご紹介




葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設