女性の健康コラム

イソフラボンの効果効能|女性ホルモンにも関係している?

イソフラボンは、大豆製品に多く含まれる成分で、サプリメント売り場でもよく見かけますね。また大豆イソフラボンを効果的に摂取できるということで、豆乳が好んで飲まれていたりします。なんとなく美容や健康に良さそうというイメージは定着しているかもしれませんが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。


効果効能としては、肌がきれいになる、髪のボリュームがアップする、胸が大きくなるなど、女性には願ってもない効能ばかり挙げられます。実はこういう効果効能は、女性ホルモンの働きによってもたらされるものでもあります。


その女性ホルモンとはエストロゲンと言って、女性らしい体を作り、質の良い卵子を育てる役割を担っているものです。本来、女性にはこの女性ホルモンが多く分泌されているのですが、エストロゲンは加齢やストレスなどの要因によって分泌量が減ってきてしまいます。


また月経周期で排卵後から生理までの間はエストロゲンでなくプロゲステロンというホルモンに支配されるため、エストロゲンの分泌量が減って肌荒れするという女性が多いのですね。大豆イソフラボンは、実はこのエストロゲンという女性ホルモンと似た構造を持つ物質なのです。


ですから、イソフラボンを摂取すればエストロゲンの分泌が増えたような働きを期待することができるのですね。肌荒れの改善や、薄毛の改善、美白やアンチエイジングにも大いに役立つということです。


しかし、実際にエストロゲンの分泌量を増やすわけではありませんから、その効能は一時的なものです。イソフラボンを摂取しなければ、効果が持続するということはありません。


ただ、エストロゲンは女性らしい体を作る働きを持つということで、腰やウエスト周りにお肉が付きやすくなるという側面も持ちます。分泌過多だと太りやすいということになってしまいますから、イソフラボンの定期的な摂取で、適度に調節しながら美容に働きかけるという方法が良いといえるかもしれません。


関連ページ

フェンネルは生理不順・更年期障害に効果があるの?
女性特有の症状に効果的?ピクノジェノールってどんな成分?
レバー・チーズに含まれる「トリプトファン」の安眠・若返りの効果について




葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設