妊活コラム

体の冷えは妊活中の敵!?その理由と対策方法について解説

寒い冬だけではなく、暑い夏でもクーラーなどで身体が冷え切ってしまう女性が増えています。冷えは血流が悪くなってしまい、身体の様々なところに悪影響を与えます。


不妊症の治療では「子宮を冷やさないように」と言われることもあり、冷え対策は妊活にとってとても重要になってきます。


身体が冷えてしまうと、全身の血流は悪くなります。そうすると子宮に届く血流も悪くなってしまい、女性ホルモンの分泌を乱してしまう原因にもなりかねません。


体質改善をするとともに冷え対策も施して、暖かい血液が子宮に届くようにしたいものです。


腹巻き


一番簡単な冷え対策は、腹巻きを利用することではないでしょうか。生理痛も冷えが原因となっていることが多く、腹巻きをすることで子宮の周りを温めると痛みが治まるとった声もあります。


腹巻きならば仕事中も外から見えることもないため、簡単に利用できるのではないでしょうか。


また、タイツを履いたりひざ掛けを使うのも一つの方法です。


食事・運動


さらに、食事や生活習慣を変えて根本的な体質改善も一緒に行いましょう。


どれだけ厚着をしても、体質改善をしなければ冷えの症状はいつまでも続いてしまいます。新陳代謝を高めたり、血行を良くすると言われている根菜類やしょうが、黒酢などの食べ物を積極的に摂取したり、軽い運動をするのも効果的です。


運動をする人はしない人に比べて毛細血管が発達していると言われています。身体の隅々まで酸素や栄養素を届ける必要があるためで、そのおかげで血行が良く冷えになりにくいと言われています。


また、運動すること自体が血行を良くするので、就寝前でもできるストレッチや、酸素を多く取り込むことでダイエットにもつながるウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動も良いでしょう。


また身体の歪みも血流が悪くなるため冷えの原因になるとも言われています。ストレッチの際に身体の歪みをとる骨盤の体操も一緒に行うなどの工夫を行ってみてください。


関連ページ

妊活時は太り過ぎも痩せ過ぎもダメ?無理のないダイエット方法
妊活中には食べないほうが良い食品があるってホント?
妊活中はお酒は飲んじゃダメ?それとも少しならOK?



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設