妊活コラム

仕事を続けながらの妊活を上手に進めていくポイント・注意点

子供が欲しくても出来なくて、不妊治療を行う女性は少なくありません。毎月の生理が来るたびに、とても落胆する気持ちは親権に悩んでいる本人でないとなかなか分からないものだとは思います。


不妊治療をしながら、働くのも難しいのが現状です。よく妊娠すると辞める女性が多いといわれていますが、不妊治療でも辞める人もいます。


働きながらだと、職場に休暇とる時の理由や、上司や同僚に理解してもらえるか、または内緒にして通うのかなど悩みばかりがつのります。また、精神的に負担も少なくないです。


女性の場合、生理痛や生理前症状(PMS)が辛くても休みにくいこともあったりしますが、不妊治療でもそれは同じです。最近は育児休暇制度などがかなり増えてきたとはいえ、まだまだ現状は厳しいです。中には、上司の理解・会社の理解が得られずにやむを得ず、会社を辞める人もいます。不妊治療をしながらでもそのことが差支えることのない職場へ転職を考える人もいます。


不妊治療の排卵誘発剤注射をする場合には、何度も病院へ行く必要があります。そのため、会社を休みがちになりますら、会社や上司、同僚などが理解や同意をしてくれないと難しくなります。


それでなくても、治療中に生理が来てしまい精神的に落ち込むこともある治療です。それが、会社で理解されていない場合には、ますます精神的に辛いことになることもありますし、病院での治療を止めて子供を諦めるという選択をしなくてはいけなくなることもあります。


最近は、排卵誘発剤も自分で注射出来るものもあります。これだと、病院への通院回数も減らせますが、費用は高いです。ただ、通院費用や待ち時間、交通費などが必要ありません。


また、排卵障害の治療なら保険適用になり、通院回数を減らすことで仕事を続けることが出来れば、経済的負担も少なくなります。


不妊治療をしながらも、仕事を辞めることなく、そして子供も諦めることもない選択肢も出来る様に徐々になってきてはいます。


この先女性がもっと活躍するためには、選択の幅が広がっていくことはとても重要なことです。出産する女性が増えるためには、仕事と治療、そして妊娠など全て諦めなくても良い社会になっていけば良いとは思います。


関連ページ

気持ちが落ちがちな妊活中に気持ちを切り替える方法を考えてみた。
妊活中の心身のリラックスにはアロマテラピーが効果的?
悪化しやすい妊活中の夫婦関係!仲良しでいるためには?




葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設