妊活コラム

妊活中は特にタバコはダメ!あなたが禁煙すべき理由とは?

妊活中は、禁煙する必要があります。タバコには卵子の質を低下させて不妊の原因になります。血流が悪くなることで、卵巣に十分な栄養が届かずに卵子の発育が妨げられます。


卵子の質の低下以外にも喫煙による血行不良が引き起こされることで、女性ホルモンの低下や卵巣機能が低下します。


一度低下した女性ホルモンや卵巣機能を元に戻すことは非常に大変であり、低下した機能が元に戻らないこともあります。女性ホルモンが低下した場合は、月経が来ても排卵できない無排卵月経となります。


性行為を行っても卵子がないため受精することができない状態です。無排卵でも月経は来ているため、病院での検査で判明することもあります。


また、喫煙する女性は、喫煙しない女性に比べると閉経が数年早まることがあります。


男性の場合でも精子の数が減少したり、精子運動率の低下、奇形精子などの原因になります。本人が喫煙しない受動喫煙でも影響が出ます。女性だけが禁煙しても受動喫煙があれば、女性も禁煙した意味がなく効果は期待できないため、夫婦で禁煙する必要があります。


妊娠しやすい体作りのために、ぜひ夫婦一緒に禁煙しましょう。


たとえ、妊娠できたとしても、流産や先天性奇形、早産などのリスクがあります。流産の危機を乗り越え、無事に出産できたとしても乳児突然死症候群の可能性になるリスクもあります。


ストレスも身体にはよくなく、ストレスは流産を引き起こすこともあります。禁煙をしてストレスを感じてしまう場合は、本数を少しずつ減らしていくなど工夫を行うことです。ただ、人によっては本数を少しずつ減らすことが逆にストレスになって、禁煙に失敗するケースもよく聞きますので、スパッと辞めるのがベストと言えばベストです。


もうこれを言ったら全ておしまい・・・的な感じはしますが、、、禁煙するためには、根性で我慢することが基本です。


ただし、失敗すると反動により本数が増えてしまうことがあるため、タバコが吸いたくなったら飴をなめたり、水を飲んだりすることです。5分間我慢することで吸いたいという衝動を抑えることができます。根性で我慢できない場合には、市販の禁煙補助商品を使ったり、禁煙外来を利用することです。


私も今はタバコは一切吸いませんが、若い頃は1日2箱吸うヘビースモーカーでしたので、たばこを吸う人の気持ちは分かります。


私が普段から1つ強く感じていることがあります。小さい子供がいるのにタバコを吸うママをたまに見かけますが、はたから見ていて気持ちの良いものではありません。(昔吸っていたので気持ちはわかるんですけどね。)


で、ママになってどうせタバコを辞めるのであれば、妊活中から辞めておいたほうがいい、という考え方をするのも良い方法かと思います。産まれてくる赤ちゃんのため、そして自分のためにも。


関連ページ

悪化しやすい妊活中の夫婦関係!仲良しでいるためには?
妊活中はお酒は飲んじゃダメ?それとも少しならOK?
歯周病は妊活中に治療しておいたほうが良いのはなぜ?




葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設