妊活コラム

歯周病は妊活中に治療しておいたほうが良いのはなぜ?

一般的に妊娠すると、歯肉炎にかかりやすくなるといわれています。


これには、女性ホルモンが影響していて、エストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病原最近の増殖を促し、また歯肉を作る細胞がエストロゲンのターゲットなるためです。他にも、プロゲステロンというホルモンが、炎症のもとであるプロスタグランジンを刺激します。


影響を及ぼすホルモンは、妊娠の終期になると月経時の10倍から30倍になり、妊娠中期から後期にかけては妊娠性歯肉炎が起こりやすくなります。


基本として、歯垢がのこらない清潔な口の中では起こりませんし、起きても軽い症状で済みますので、妊娠中、または妊活前ならブラッシングまたは治療を受けておいた方が安心です。


油断していると出産後に、歯周病になることもあります。妊娠している女性が歯周病になっていると、低体重児や早産の危険が高くなります。


この原因は、歯周病が血中に入って、胎盤をとして胎児に感染するためではないかと言われています。危険率は7倍ともいわれていて、煙草やアルコール、高齢出産よりも高い数字です。


歯周病に感染しても、治療は可能ですし予防も出来ます。うまれてくる赤ちゃんのためにも、予防や治療をしておきましょう。


妊娠すると、つわりが歯や歯茎に悪かったり、口の中が酸性なりやすく間食が増えたりして、口の中の環境が悪くなりがちです。また、女性ホルモンが増えることも、歯茎に影響が出ます。


妊活中の人は、妊娠する前に歯科医院で虫歯の治療や口のケアをしておきましょう。


つわりになっても安心ですし、妊娠中に虫歯や歯周病などがなければ赤ちゃんにも良い影響になります。また、妊娠している人でも、早めに歯科医院にいって歯の状態を調べて、虫歯や歯肉炎などに感染していたら、治療しましょう。


妊娠で怖いものの一つは早産です。早産を防ぐためにも、日頃のブラッシングを丁寧に行い、気になるときには歯科医院で検査などを受けておきましょう。


関連ページ

妊活中には食べないほうが良い食品があるってホント?
妊活中はお酒は飲んじゃダメ?それとも少しならOK?
妊活中は特にタバコはダメ!あなたが禁煙すべき理由とは?




葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設