葉酸コラム

葉酸サプリの選び方 | 合成葉酸と天然葉酸の違いは?

厚生労働省が推奨する葉酸摂取量は240ugになっていますがこれは一般的な人の場合です。妊娠して胎児がいる状態になれば、より多くの葉酸を摂取する必要があります。具体的には一日400ugが必要になります。


厚生労働省が推奨しているよりも多くの葉酸を摂取するには、食事だけでは足りませんのでサプリを利用するとよいです。


厚生労働省はサプリを使って摂取することを勧めています。葉酸は加熱してしまうと壊れてしまうので、基準値よりも少なくとってしまうことが多くなります。できるだけサプリを利用したほうが効率的に摂取することが可能です。


ただし、何でもいいから飲めばいいわけではなく合成葉酸か天然葉酸なのか確認しておくことです。


合成葉酸の場合、体の中での利用されやすくなりますがその分過剰摂取しやすくなってしまいます。それだけではなく、摂り過ぎた場合には胎児が喘息になりやすくなるなど副作用がでてくる可能性があります。合成葉酸ならば、価格は安いですがデメリットが多いのでなるべくならば天然のものを利用するとよいです。


天然葉酸だと、体に必要な量を摂取できるので胎児に悪影響を与える可能性は低いですが、合成葉酸よりも価格が高いというケースが多いです。ただし、天然葉酸だからといって必要以上に摂取してはいけません。1000ug以上飲むなど、明らかに多い量を摂取しないようにサプリに書かれている量だけ飲むようにするとよいです。


あとは、ビタミンAなど他のビタミンが入っていないか気をつけておくとよいです。ビタミンBやビタミンCはいいですが、それ以外のビタミンの場合は、体内に蓄積してしまい胎児に影響を与える恐れがあります。


葉酸は体にとっても胎児にとっても必要な栄養素ですが、適切な量を毎日摂取することが重要です。葉酸のサプリとはいえ、やはり天然のものがいいです。胎児のことまでしっかりと考慮するならば、安心安全なものを摂取することが必要になります。


関連ページ

葉酸サプリはどのタイミングで飲むのが効果的?食前?食間?食後?
葉酸サプリを飲んで葉酸過剰摂取にならない?副作用は?
葉酸サプリは無添加のものを選ぶべき?そもそも無添加って?




葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設