妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

妊娠前・妊娠中・産後(授乳中)に必要な栄養素まとめ

☆葉酸


葉酸を摂取することで胎児の先天異常になる確率が低くなると
厚生労働省がすすめる栄養素です!!



特に妊娠前から妊娠初期(約3ヶ月)までに飲むといいとされ、
厚生労働省は「妊娠前、妊娠初期には葉酸を1日あたり400μg摂りましょう。」
と勧めています。


そして葉酸はビタミンB12と一緒に血液を作り出します


葉酸+ビタミンB12で貧血予防にもなりますから、
妊娠中や出産後(授乳期)にもおすすめの栄養素です。



<鉄分、ビタミンB12、>


体の中の栄養素を運ぶ役目をしているのが血液です。



丈夫な体には血液が必要です。
貧血予防に鉄分を摂りましょう。


ビタミンB12は葉酸と共に血液を作りますので、是非セットで摂りたい栄養素です!



<亜鉛>


亜鉛は生殖機能を高める作用がありますので
女性、男性、どちらにも必要な栄養素です。



妊娠しやすい体=正常なホルモンバランス、生理 につながり
妊娠しやすい体へと整えてくれます。


妊娠前から摂取するといいですね☆



亜鉛は新陳代謝に関わる栄養素ですから、細胞の成長に関係しています。
胎児や赤ちゃんの成長にも必要な栄養になりますので、
妊娠期から出産(授乳中)まで、摂りたいですね。


また、亜鉛はビタミンCと共にコラーゲンを作りだしますので、
産後の肌作りに頼もしい栄養素です!



<カルシウム>


生活習慣の乱れで、カルシウムが足りない女性も多いそうです。


赤ちゃんが骨や歯を作るのに必要な栄養素になります。



カルシウムは、妊娠中期から起こる足のつり予防にもなります。
カルシウム不足から起こる「骨粗鬆症」予防にもなりますし
常に摂っておきたい栄養素です。


ビタミンDはカルシウムの吸収率をUPしますので、
是非ビタミンDとカルシウムはセットで摂りたいですね☆



<ビタミンK>


ビタミンKはカルシウムの吸収をUPさせて、骨を作る働きもします。
カルシウムとセットで摂るといいでしょう。


また血を固まらせる作用もありますので、
出産時の出血、生理時などに役立つ栄養素です。




体調管理がしっかりできていると、安心できる妊娠、出産につながりますので、
自分のため、赤ちゃんのために、バランスよく栄養を摂りましょう!



(参考:マルチビタミン&ミネラルはセットで摂ろう!! 「栄養素の相互作用」




★関連記事★
ミネラルのサプリメントを選ぶ前に知っておきたいこと
マルチビタミンのサプリメントを選ぶ前に知っておきたいこと
妊娠前・妊娠中・産後(授乳中)に気をつけることまとめ



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設