妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

妊娠前の生活習慣で気を付けたいこと


「女性が妊娠した☆」と気づくのは、妊娠2ヶ月から3ヶ月です。



出産までの周期は、最後の生理を0日と考えそこから日を数えます。
少々ややこしいですが。。。


妊娠2ヶ月から3ヶ月というのは妊娠4週から11週のことを言います。
既に、赤ちゃんの心臓は動き、頭、胴体、手、足などが出来上がります。



このように、妊娠したと気づいたころには、人間の基礎が出来上がった状態になっています。



(参考:妊娠初期のアドバイス(0週から15週・1ヶ月から4ヶ月)



ですから、赤ちゃんができてから、何か行動をとる。。。では遅いのです。
赤ちゃんがほしいと思ったら、妊娠前からの体調管理が必要になりますね!



スムーズな妊娠を望むなら、次のことを心がけましょう。


基礎体温を知る
生理周期を知る
病院で検査を受ける
冷え性改善
禁煙・禁酒
服用している薬はやめる(医師と要相談)
質のいい睡眠
ゆっくり体を休める
ストレスをためない
バランスのいい食事
必要な栄養素を摂る


このようなを心がけるといいでしょう。
もう少し詳しく説明しますね。


基礎体温を知る
生理周期を知る
病院で検査を受ける


この3つについては、妊娠前の体調管理についてのアドバイスのページで
詳しく説明してますので、是非ご覧下さい。




☆冷え性改善


冷え性の女性は多いようです。
なぜ冷えが体によくないのか。。。?
実は、体が冷えていると子宮や卵巣の機能が下がると言われています。


偏った食事は避け、冷え対策をしましょう。




☆禁煙・禁酒


妊娠したらタバコをやめればいい。。。
なんて考えている方はいませんか?


まず、タバコは依存性が高いため、直ぐにやめることは難しいですよね。。。
またタバコのニコチンは胎児の先天異常につながったり、
幼児の発育障害をまねく恐れもあります。


お酒もタバコと同じなんです。。。。


妊娠に気づいてからやめる。。。では遅いのですよ!




☆服用している薬はやめる(医師と要相談)


薬によって、胎児の成長を妨げるものがあります。
常に飲んでいる薬があれば、医師と相談しましょう。


市販の薬も要注意なので気をつけましょう。




☆質のいい睡眠


ゆっくり体を休める


ストレスをためない


バランスのいい食事


妊娠しやすい体にするには、体の休養と心の休養この2つも重要です。


体や心が乱れていると、ホルモンバランスが崩れ、
生理が不順になったり、低体温を招く場合があります。




また、偏った食事をすると、ホルモンバランスが崩れたり、体の冷えを招くこともあります。


特にダイエットをしていると、栄養不足で精神的にイライラしたり、めまい、
ダイエットによるリバウンドで過食になる場合もありますよね。



規則正しい生活とバランスのいい食事を3食心がけましょう☆




★関連記事★
妊娠前・妊娠中・産後(授乳中)に必要な栄養素まとめ
妊娠前・妊娠中・産後(授乳中)に気をつけることまとめ
妊娠前の体調管理についてのアドバイス



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設