マルチビタミン・ミネラルを解説

ミネラルのサプリメントを選ぶ前に知っておきたいこと


栄養不足ならビタミンを。。。
と考える方がいるかもしれません。


美容にはビタミンCやビタミンEがいいとか、
風邪にはビタミンCなんてよく耳にしますものね。



私たちに必要な栄養素はビタミンだけではありません。
ミネラルも必要です!!



ミネラル。。。。??
って思う方はいますか?


ミネラルはビタミンと一緒に五大栄養素に含まれる栄養素なんですよ!!


<五大栄養素>
・たんぱく質
・脂質
・糖質
・ビタミン
・ミネラル


五大栄養素とは、エネルギーを作り出し、成長を促してくれる大事な栄養素です。
では、ミネラルについて詳しく説明しますね。



<ミネラルの種類>


農林水産省の情報によると、ミネラルは約100種類あるそうです。
(参考:農林水産省http://www.maff.go.jp/j/fs/diet/nutrition/mineral.html


約100種類もある中で、私たちに必要な栄養素はとっても少ないんです。
その栄養素が16種類になります。



その中で厚生労働省がこれだけ摂取するといいですよ。。。
と推奨しているミネラルが13種類あります。


・鉄
・銅
・亜鉛
・ナトリウム
・マグネシウム
・カルシウム
・リン
・カリウム
・マンガン
・セレン
・モリブデン
・ヨウ素
・クロム


以上の13種類です。


この13種類+3種類(イオウ・コバルト・塩素)で16種類になります。
人間に必要である16種類のミネラルですが、
日本では13種類のミネラルが体に必要であると考えられています。


その13種類のミネラルの働きなどを詳しく説明しますね。



<ミネラルの主な働き>


・鉄・・・血液を作る
銅と一緒に摂ると吸収率がいい



・銅・・・血液を作る
鉄の吸収率をUPさせる



・亜鉛・・・新陳代謝を促す、生殖機能を高める
ビタミンCと共にコラーゲンを作り出す
亜鉛はビタミンAの働きを助ける



・ナトリウム・・・血圧と血液濃度の調整
その他のミネラルの吸収率をUPさせる



・マグネシウム・・・骨を作り出す、筋肉を動きやすくする



・カルシウム・・・骨を作り出す、脳や神経の働きを正常化する、糖尿病予防



・リン・・・骨や歯を作り出す
ビタミンB郡の働きを高める



・カリウム・・・筋肉や神経がスムーズに動くよう働きかける



・マンガン・・・エネルギーを作り出す、骨を作り出す



・セレン・・・抗酸化作用
ビタミンEと一緒に摂ると抗酸化作用がUPする



・モリブデン・・・排出物を作り出すのに必要、血液を作る



・ヨウ素・・・甲状腺ホルモンを作り出す



・クロム・・・糖質の代謝を促す


こうして見ると、ミネラルは、代謝をよくするだけでなく
骨や歯、血液を作り出す大切な栄養素になりますね。



<特徴>


ミネラルは別名「無機質」と呼ばれることがありますので、
ミネラル=無機質 と覚えておくといいでしょう☆


また私たちの成長に欠かせないミネラルは「必須ミネラル」とも呼ばれます。
先ほど紹介した13種類のミネラルももちろん「必須ミネラル」と言います。



「必須ミネラル」は体内で自ら作り出すことができないので、
バランスよく食べ物で摂取する必要があります。



例えば鉄分ならほうれん草、レバー、カルシウムなら乳製品。。。
と摂らなければなりません。



<気をつけること>


ミネラルが不足すると、貧血や骨粗鬆症、胎児の成長不足、
免疫力の低下
などの症状が出ることがあります。


ミネラルの摂りすぎは、高血圧になったり、吐き気や脱毛、
他のミネラルの吸収を妨げたり
と、このような症状が出ることがあります。



私たちに必要な栄養素 ミネラルですが、摂取量を守り
バランスよく摂らなければ、体を壊してしまう結果になってしまいます。


バランスよく摂取量を守りましょう!!





マルチビタミン&ミネラルはセットで摂ろう!!


私たちに必要な栄養素のビタミンとミネラルですが、
1つ1つ単体で飲むより、複数のビタミンとミネラルを一緒に摂取した方が
より吸収率や働きが高まる場合があります。



このことを、「栄養素の相互作用」といいます。


上記ので示したように、他の栄養素と一緒に働いて、作用を高めてくれる場合があります。



<例1>


・ビタミンCはビタミンEの抗酸化作用を高める
・パントテン酸はビタミンCのコラーゲン生成力を助ける
・ビタミンCはビタミンEの働きを助ける
・ビタミンKはカルシウムの吸収をよくする
・ビタミンEとセレンを一緒に摂ると抗酸化作用がUPする
・鉄は銅と一緒に摂ると吸収率がいい
・亜鉛はビタミンCと共にコラーゲンを作り出す
・亜鉛はビタミンAの働きを助ける
・ナトリウムはその他のミネラルの吸収率をUPさせる
・リンはビタミンB郡の働きを高める
・ビタミンCはクロムの吸収率をUPさせる
・ビタミンDはカルシウム吸収率をUPさせる



<例2>


・ビタミンC、ビタミンE、パントテン酸この3つで抗酸化作用で免疫UP
・カルシウムとマグネシウムはバランスよく摂る
 カルシウム2:マグネシウム1


・ナトリウムとカリウムはバランスよく摂る
 ナトリウム2:カリウム1


・ビタミンB郡はお互いに作用を高めるので、一緒に摂取した方がいい。


栄養素の相互作用はこれが全てではありません。
相互作用の一部を紹介しました。



こうやってみると、ビタミンの中での相互作用と、
ビタミンとミネラルとの相互作用がある
のがわかりますね。



ですから、栄養素をとるなら、複数のビタミン= マルチビタミンで、
またはマルチビタミンとミネラルで一緒に摂った方が
体の中で、栄養素がより有効に働くというわけです。



<気をつけること>
いくら相互作用があるからといって、過剰摂取にならないようにしましょう。
複数のサプリメントを飲んでいる場合は、含有量のチェックを忘れずにしましょう。




★関連記事★
マルチビタミンのサプリメントを選ぶ前に知っておきたいこと
妊娠前・妊娠中・産後(授乳中)に必要な栄養素まとめ
「ベビ待ち」「妊活」妊娠は奇跡的・神秘的なめぐりあい



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設