マルチビタミン・ミネラルを解説

マルチビタミンのサプリメントを選ぶ前に知っておきたいこと


「マルチビタミン」ってサプリメント商品でよく聞きますが
どんなビタミンか知ってますか?


「マルチビタミン」とは
「いろんな種類のビタミンが入っているサプリメント」
となります。



「いろんな種類のビタミン」?
そう、「マルチビタミン」には複数のビタミンが入っています。


ビタミンの種類は全部で13種類あります。


・ビタミンA  (βカロチン)
・ビタミンC 
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB3  (ナイアシン)
・ビタミンB5  (パントテン酸)
・ビタミンB6
・ビタミンB7  (ビオチン)
・ビタミンB9  (葉酸)
・ビタミンB12



ビタミン名で記載されている商品と例えばビタミンAの働きをするβカロチン、
ビタミンAと記載さず、「βカロチン」と記載されている場合があります。


その他のビタミン、ビタミンB3がナイアシン、B5がパントテン酸
B7がビオチン、B9が葉酸と記載されている事があります。


マルチビタミンにはビタミンが全て配合されているものや、何種類か入っているものとあり、
そのビタミンの含有量もそれぞれ違います。



マルチビタミンを選ぶ時は、どんな種類のビタミンが入っているのか
含有量を見て選ぶことをおすすめします☆



ビタミンの働きや特徴


ビタミンの働きや特徴について知っておくと、今後サプリメントを選ぶ参考になりますので、
ビタミンについて詳しく説明しますね!!


13種類あるビタミンはさらにグループ分けられます。


・水溶性ビタミン
・脂溶性ビタミン


この2つのグループに分けられます。



☆水溶性ビタミン(9種類)


・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB3  (ナイアシン)
・ビタミンB5  (パントテン酸)
・ビタミンB6
・ビタミンB7  (ビオチン)
・ビタミンB9  (葉酸)
・ビタミンB12



<水溶性ビタミンの主な働き>


・ビタミンC・・・コラーゲン生成に関わっている、抗酸化作用、シミ抑制作用
ビタミンEの働きを助ける
クロムの吸収率をUPさせる


・ビタミンB1・・・炭水化物などをエネルギーにかえる、精神バランスを安定


・ビタミンB2・・・皮膚や粘膜を正常にする、脂質を分解する、炭水化物などをエネルギーにかえる


・ビタミンB3(ナイアシン)・・・炭水化物などをエネルギーに変える、


・ビタミンB5(パントテン酸)・・・炭水化物などをエネルギーに変える、ホルモンバランスを整える、
ビタミンCの働き(コラーゲンの生成)を助ける


・ビタミンB6・・・たんぱく質をアミノ酸に変える、ホルモンバランスを整える


・ビタミンB7(ビオチン)・・・皮膚を正常にする、炭水化物などをエネルギーに変える


・ビタミンB9  (葉酸)・・・貧血予防、細胞成長に関わっている
ビタミンB12と共に血液を作る


・ビタミンB12・・・貧血予防、細胞成長に関わっている、不眠症緩和
ビタミンB9(葉酸)と共に血液を作る


簡単に水溶性ビタミンの一つ一つの主な働きを紹介しました。



こうして見ると、水溶性ビタミンはエネルギーを作り出したり、
細胞の成長に関わっていたり、皮膚やホルモンバランスを正常に整えたりと、
私たちを効率よく元気にしてくれたり、女性に嬉しい美肌作用などの働きがありますね。


また、炭水化物などをエネルギーに変え、代謝を促すことからダイエットに必要な栄養素になりますね。



<特徴>


水や加熱に弱い特徴があります。


ですから、食材に多くビタミンが含まれていても料理をすることで
ビタミン含有量が少なくなりますので、ビタミンを多く摂りたい場合は
料理方法を工夫する必要がありますね。。。


例えば、水溶性ビタミンが多い食材を使うときは
スープに入れてしまえば、水に溶け出したビタミンもスープを飲むことで
無駄なく体に取り込むことができますよ☆



<気をつけること>


水溶性ビタミンが不足すると、代謝が悪くなり太りやすくなったり、
肌荒れ、貧血や疲れやすい体になってしまう。。。
など、このように体の調子が悪くなります。


逆に体の中に水溶性ビタミンが沢山取り込まれると、
体はこんなに沢山の水溶性ビタミンは必要ない!と
体外から尿で出されてしまいます。



ですから、水溶性ビタミンを大量に摂取しても
全て体に取り込まれることはない
ようなので適量を守って飲みましょう。


また、過剰摂取しても水溶性ビタミンが尿で排出されるからといっても
摂りすぎると体に負担をかける場合があります。


吐き気や下痢、肝臓に負担がかかる。。。
こうした事がありますので、摂取量を考えましょう。



ビタミンはミネラルと一緒に摂ることで、働きが強化されることもあります。
こちらを参考にどうぞ☆→マルチビタミン&ミネラルはセットで摂ろう!!



☆脂溶性ビタミン(4種類)


・ビタミンA  (βカロチン)
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK



<脂溶性ビタミンの主な働き>


・ビタミンA  (βカロチン)・・・皮膚や粘膜を正常にする、目の機能を整える


・ビタミンD・・・骨や歯の成長を促す、糖尿病予防
カルシウム吸収率をUPさせる


・ビタミンE・・・抗酸化作用、血行促進作用、ホルモンバランスを整える
ビタミンCの働きを助ける
セレンと一緒に摂ると抗酸化作用がUPする


・ビタミンK・・・血の凝固作用、骨の成長を促す
カルシウムの吸収をよくする


簡単に脂溶性ビタミンの一つ一つの主な働きを紹介しました。


こうして見ると脂溶性ビタミンは抗酸化作用だったり、他の栄養分の働きを助けたり、
骨や歯の成長を促すので、歳を重ねるごとに積極的に摂りたい栄養素ですね。



<特徴>


油脂と一緒に摂ると吸収率がグンと上がります。


水溶性ビタミンのように、水や熱に弱くないので、料理によって少なくなることはないです。
油を少しいれて、炒め物やまたお肉と一緒に摂るといいですね。


さらに脂溶性ビタミンと一緒に摂る油脂の質を良いものにすると、
体にいいかもしれません。


いくら油脂と脂溶性ビタミンは相性がいいからと、
大量の油脂を使用することは体に悪影響ですから、考えて料理をしましょうね☆



<気をつけること>


脂溶性ビタミンが不足すると、目や皮膚などに異常がみられ、
胎児の成長不足
になることがあります。


また、水溶性ビタミンのように、摂り過ぎたら尿で排出されることはないので、
脂溶性ビタミンの摂りすぎには注意が必要です。



摂り過ぎた脂溶性ビタミンはそのまま体内に貯まることになります。
皮膚にかゆみがでたり、乾燥したり、食欲不振などの症状が現れることがありますので、要注意です。



ビタミンはミネラルと一緒に摂ることで、働きが強化されることもあります。
こちらを参考にどうぞ☆→マルチビタミン&ミネラルはセットで摂ろう!!


<マルチビタミンのメリット>


マルチビタミンにはいろんなビタミンがギュと配合されているので、
一度に沢山の栄養素が摂ることができます。


一つ一つビタミンを飲む必要がないので、
いくつも買い揃える手間がはぶけ、また場所もとりませんよね。



手軽に効率よく摂取することができ、マルチビタミンは人気があるサプリメントです。
マルチビタミンは栄養分が足りない野菜不足さんにおすすめですね。



<マルチビタミンのデメリット>


マルチビタミンにはいろんなビタミンが入ってますから、
自分に必要なビタミンだけでいいという人には不向きです


ビタミンの過剰摂取は体に負担をかけます。


マルチビタミンの他にサプリメントを摂っているなら、
全ての栄養素の含有量をチェックし必要以上に摂り過ぎないようにしましょう。




★関連記事★
ミネラルのサプリメントを選ぶ前に知っておきたいこと
妊娠前・妊娠中・産後(授乳中)に必要な栄養素まとめ
「ベビ待ち」「妊活」妊娠は奇跡的・神秘的なめぐりあい



葉酸サプリ人気商品

 

マルチビタミン・ミネラルを解説

 

妊娠前・妊娠中・授乳中の豆知識

 

葉酸コラム

 

妊活コラム

 

女性の健康コラム

 

マネーパートナーズで口座開設